下記の第8回ワークショップには"グローバル時代における地域発展のためのIT活用"に関心ある皆様にご参加いただき, ありがとうございました。

第9回ワークショップの計画が決まりましたらこのページでお知らせいたします。



画像電子学会 デジタルサイネージとインタラクション(DSG)研究会
第8回ワークショップ
— グローバル時代における地域発展のためのIT活用 —
開催のご案内

画像電子学会 デジタルサイネージとインタラクション(DSG)研究会は,限られた人数の対象に対話的に適応するマルチメディアプレゼンテーションのための関連技術を系統的に議論し,調査・検討の内容を深めるとともに,関連するトピックにも視野を広げて情報交換を行う場の提供を目的としています。

2010年からVMA研究会と共に行っているワークショップは今年で8回目を迎え,次に示すプログラムを用意いたしました。多数の皆様のご参加をお待ちしています。


日時:

2017年11月14日(火) 13:30〜18:00

場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス 51号館3階 第4会議室
〒169-0072 東京都新宿区大久保3丁目4-1
   アクセス方法 — 地下鉄東京メトロ副都心線 西早稲田駅下車 出口3がキャンパスに直結。https://www.waseda.jp/fsci/access/を参照。
共催 / 協賛: 画像電子学会 VMA研究会 / 画像関連学会連合会(FIS)
テーマ:

グローバル時代における地域発展のためのIT活用

参加費: 会員およびアソシエイト 1,000円,非会員 2,000円 (当日の受付にてアソシエイトになって頂きますと,入会・年会費(1,000円)を含む計2,000円で参加できます。)
研究会運営のため,講演者も含め参加費をお願いしていますが,研究会委員長の承認を得た場合は無料になります。

13:30-13:35 座長 開会挨拶

13:35-14:05 1. 個人化技能伝承による地域活性化の実現に向けて — 教育工学の視点から 青木 翔,藤田 紀勝 (職業能力開発総合大学校)
14:05-14:35 2. 地磁気逆転地層を背景とする地域活性化に関する検討 梶原 俊男,大野 邦夫* (シンクタンク碁ルネッサンス,*モナビITコンサルティング)
14:35-15:05 3. 地図から空間モデルへ(仮) 佐々木 久和 (国土地理院)
15:05-15:35 4. インバウンドに向けたおもてなし情報提示技術・サービス(仮) 中村 無心 (NTTサービスエボリューション研究所)
15:35-15:45 休憩

15:45-16:15 5. 被災地における起業とIT活用 大野 邦夫 (モナビITコンサルティング)
16:15-16:45 6. いわき市におけるIT教育の事例 — ラズベリーパイとスクラッチによるIT教育 市川 弘幸 (市川技術士事務所)
16:45-17:15 7. スクラッチプログラミングの実演 三橋 優希 (ECoder's)
17:15-17:55 8. 全体討論
17:55-18:00 座長 閉会挨拶


上記の講師および講演表題の幾つかは,多少変更される可能性があります。

事前参加申し込みは,下記の参加申込書に必要事項をご記入のうえFAXで事務局までお送りいただくか,画像電子学会のウェブページ(https://www.iieej.org/trans/kenaf.htm)から行って下さい。当日も受け付けていますが,事前申込の方にはハードコピーの予稿集を用意いたします

FAX送付先 03-5615-2894
画像電子学会事務局 行
〒116-0002 荒川区荒川3-35-4 ライオンズマンション三河島第二 101号室

第8回VMAワークショップ参加申込書       年    月    日
ご氏名
ご所属・ご連絡先
電話
FAX
電子メール